• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications.
流水式海水電解装置を用い, 魚類病原細菌あるいはウイルスを懸濁した3%食塩水を直接電気分解して生成した次亜塩素酸による殺菌・不活化効果を検討すると共に飼育用水の殺菌効果も検討した。次亜塩素酸濃度0.07a0.14mg/l, 1分間の処理で供試細菌が99.9%以上, 0.49a0.58mg/l, 1分間の処理で供試ウイルスが99.99%以上不活化され, 市販の次亜塩素酸より高い殺菌効果を示し,(More)
水産食品の衛生管理の向上を図るうえで, 漁獲から加工場までの衛生管理は重要である。まず漁港で利用されている海水の実態を把握する必要があると考え, 北海道東部の標津漁港の港内および沖合い海水の水質, 一般細菌数およびその種類を調査した。水質面では港内外で大差は見られず, 各定点の生菌数は漁港内では102~104CFU/mLの範囲で測定された。漁港内の細菌叢はPseudomonas,(More)
水産廃棄物であるヒトデの有効利用を目的に,魚類飼育排水処理施設由来細菌のヒトデ成型骨片への付着性を検討した。5 回洗浄を行った後でも,ヒトデ成型骨片の生菌数は 108 CFU/g 程度であった。また,ヒトデ成型骨片と市販ろ材への細菌の付着量を比較したところ,どのろ材も洗浄後の生菌数は 107 CFU/g(More)