Learn More
穿刺細胞診 (FNAB) は, その正確な診断には患者 (病変) の診察, 穿刺手技, スライド作成が完壁に行われなければならない.米国はこの点でたいへん優れたシステムを有しており, これは日本の臨床にも応用可能であると考え, ここに紹介する.米国では, 表在臓器のFNABは, 患者の診察から最終診断まで, 経験豊富な病理医が行うのを理想と考えている.これは病理医が, 穿刺後,(More)
目的:子宮頸部細胞診の日米 (日母分類1997と2001, 年ベセスダシステムに基づく) の診断の違いを検討した.方法:材料は米国で細胞診断医によって診断, 報告された頸部細胞診標本109例を用いた. 日本側の分類を日本の細胞検査士が担当し, 日米の診断を比較した. 完全一致 (complete agreement以下, CA) と部分的一致 (partial agreement以下PA)(More)