Learn More
35歳の男性が乾性咳嗽と微熱を主訴とし, 当院を受診した. 理学所見では, 脈拍数が109/分と頻脈で, 胸部聴診上全肺にわたり気管支呼吸音の増強が認められた. 表在リンパ節は触知しなかった. 血液検査では肝機能の軽度障害, CRP (2+), CEA (EIA) 42.0ng/mlなどの異常がみられた. 胸部X線写真では両側肺門部から肺野にかけて小粒状陰影および浸潤陰影, 心陰影の拡大,(More)