• Publications
  • Influence

Claim Your Author Page
Ensure your research is discoverable on Semantic Scholar. Claiming your author page allows you to personalize the information displayed and manage publications (all current information on this profile has been aggregated automatically from publisher and metadata sources).
本研究の目的は, 高齢者の歯周病を診断する唾液中の因子について検討することである。65歳以上で, 健常群7名, 歯周炎の中等度群11名, 重度群9名, また無歯顎群9名の計36名を被験者とした。全唾液を用いて, Actinobacillus actinomycetemcomitans, Porphyromonas gingivalis, Prevotella intermedia,Continue Reading
  • Akiko Hisano, Soh Sato, +6 authors Kyuichi Kamoi
  • Medicine
  • 1 January 2004
  • 本研究の目的は, アスコルビン酸配合歯磨剤の歯周炎に対する臨床効果を検討することである。被験者は, 歯周炎患者53名 (男性15名, 女性38名, 平均年齢44.0歳) であり, 試験は二重盲検法により行った。ゼオライト, モノフルオロリン酸ナトリウムを配合した歯磨剤 (D-1), D-1に1.0%アスコルビン酸ナトリウムを配合した歯磨剤 (D-2), D-1に0.1%酢酸トコフェロール,Continue Reading
    近年, 日本国内における高齢者の歯周疾患の有病率が増加している。本研究は1)介護老人福祉施設入居者の歯周疾患罹患状況の調査, 2)今後遂行される縦断研究のベースラインデータの作成を目的とした。東京都および山梨県の9施設において, 54~101歳の歯を有する入居者215名を対象とした。すべての被験者の現在歯数, プラーク指数(PlI), プロービングデプス(PPD),Continue Reading