• Publications
  • Influence
急性骨髄性白血病(AML) 191例の臨床経過とWT1 mRNAの発現量-全国23施設による共同研究-
: We evaluated the clinical course of acute myeloid leukemia (AML) and the levels of WT1 mRNA in 191 AML patients. Of 114 previously untreated patients with AML, 107 cases were positive for WT1 mRNAExpand
  • 7
老年者大動脈弁硬化におけるリポプロテイン(a) の意義
リウマチ性弁膜症が減少してきているなか, 動脈硬化との関連が示唆される老人性変性大動脈弁に遭遇する機会が増加してきている. 近年, 心血管系の独立した危険因子とされ, 動脈硬化性病変との関連について注目されているリポプロテイン(a)[Lp(a)]と大動脈弁硬化との関係について, 特に65歳以上の老年者を対象とし検討した.Expand
  • 3