• Publications
  • Influence
In situ PCR法による腸管出血性大腸菌の検出
Direct in situ PCR法は特定のDNA配列を標的として菌体内でPCRを行い, 増幅されたDNAを蛍光基質などでラベルすることにより, 蛍光顕微鏡下で特定遺伝子を持つ細菌を単個細胞レベルで特異的に検出する方法である。PCRには腸管出血性大腸菌の Vero 毒素をコードする遺伝子 slt-I, slt-II に特異的なEVT,Expand
...
1
2
3
4
...