• Publications
  • Influence
高齢者の primary cutaneous CD30 陽性 T-cell lymphoproliferative disorders に対するエトポシド療法
83歳男性, 68歳頃より体幹に掻痒を伴う紅斑が出現。74歳時に当科初診。全身に掻痒を伴う紅斑と半米粒大から小豆大の淡紅色および褐色の丘疹が多発した。病理組織所見では真皮浅層から深層に大型で多型性を示す異型リンパ球が多数みられた。免疫染色でCD30, CD4陽性。画像による全身検索で明らかな転移は認めず。以上よりprimary cutaneous CD30陽性T-cellExpand
子宮癌手術後下肢に生じたStewart-Treves症候群―ドセタキセルと放射線併用療法が有効性を示した症例
TLDR
Stewart-Treves and QOL announce agreement to co-operate on multi-agency response to Syria conflict. Expand
診断に苦慮した Subcutaneous Panniculitis-like T-cell Lymphoma
34歳,男性。発熱,四肢の筋肉痛を訴え受診。血清可溶性IL-2受容体,フェリチン高値,PETでは全身皮下に結節状集積が多発した。四肢,体幹に圧痛を伴う紅色結節,浸潤を触れる紅斑が再発を繰り返した。皮膚生検組織はlobularExpand
...
1
2
3
4
5
...