Learn More
IL-2動注療法によって寛解に至った80歳の女性のangiosarcomaの1例を報告した。1996年6月より前頭部右側に紅斑及び半米粒大の小結節が出現した。同部への打撲の既往があった。病理組織学的に楕円形及び紡錐形の腫瘍細胞から成る充実性胞巣と乳頭状増殖を伴う管腔様構造が認められ, 免疫組織化学的にCD 31陽性であったためangiosarcomaと診断した。当科第1回目入院時は,(More)
6歳の女児のeccrine angiomatous hamartomaにangiokeratomaを合併した例を報告した。3歳時に右膝蓋部に赤紫色調の皮疹が出現し, 次第に隆起し表面が顆粒状になった。病理組織学的所見として, 過角化を示す表皮の直下に拡張した毛細血管腔が認められ, 真皮内にエクリン汗腺の増加と拡張した血管が多数認められた。自験例を含む本邦報告例37例ではeccrine(More)
  • 1