• Publications
  • Influence
ミカンキイロアザミウマFrankliniella occidentalis (PERGANDE)の発育と産卵に対する温度の影響
ミカンキイロアザミウマをキクの小花または葉を餌として恒温条件下で飼育し,発育および増殖に対する温度の影響を検討した。1) キクの小花を餌とした場合,産卵から羽化までの発育期間は,15, 20, 25, 30°Cの各飼育温度で,それぞれ34.2, 19.2, 12.1, 9.5日であり,発育零点および有効積算温量は9.5°C, 194日度と推定された。2) キクの小花を餌とした場合,15, 20,Expand
  • 59
  • 1
イチゴにおけるミカンキイロアザミウマFrankliniella occidentalis(Pergande)の被害解析
Low, medium and high densities of the western flower thrips, Frankliniella occidentalis (Pergande), were established in three rooms of a greenhouse to analyze the effect of thrips densities on fruitExpand
  • 8