• Publications
  • Influence
自動車運転時の眠気の予測手法についての研究 : 第1報, 眠気表情の評定法と眠気変動の予測に有効な指標について
An automobile simulator experiment was carried out in order to develop a method of prediction of sleepiness based on mainly physiological parameters. Twelve subjects participated in the study. First,
自動車運転時の眠気の予測手法についての研究 (第2報, 眠気変動の予測と居眠り警報タイミングの決定)
The usefulness of various physiological and other indexes for prediction of changes in driver sleepiness during driving of a car was examined in automobile simulator experiments. Based on the results
肺腺癌に対する術後補助化学療法の検討 : 第1次研究:MMC+TegafurとMMC+UFTの比較試験(第2報)
西日本地区30施設の共同研究により, 肺癌の治癒切除例に対する補助化学療法の有用性を検討した.このtrialが終了した後5年の観察期間が経過したのでその成績を報告する.対象は絶対的治癒切除, 相対的治癒切除となった肺腺癌であり, A群はMMC (20+10mg) +tegafur 600mg1年間経口投与, B群はMMC (20+10mg)
X形熱線プローブを用いたフライングホットワイヤ法による速度の3方向成分の同時計測 : 第2報,熱線センサの校正方法と渦発生器下流の計測例
This paper proposes a calibration technique for a flying hot-wire method that uses with an X-array hot-wire probe. The flying hot-wire system moves the hot-wire probe in the spanwise Z-direction of
...
...