• Publications
  • Influence
穿通性気管気管支損傷(刺創)に対し,自発呼吸下胸骨正中切開にて修復を行った1例
穿通性気管気管支損傷の頻度は非常に稀であるが,致命的な外傷である.今回我々は,自殺目的の刺創による気管気管支損傷に対し,挿管・自発呼吸下に胸骨正中切開にて修復を行い良好な経過をたどった1例を経験した.一般的に,分岐部損傷を認め換気が保てない場合,または人工呼吸器が不可欠の場合,損傷部を超えた片肺換気が必要であり,手術時は後側方切開にての修復術を行うように推奨されている.文献的考察を踏まえ報告する.